教えて!インクカートリッジ購入ガイド

TOP > インクカートリッジの情報 > インクカートリッジを購入するときに二つのポイント

インクカートリッジを購入するときに二つのポイント

 家庭用のプリンターを使って、用紙に印刷するときには、インクカートリッジというものが必要になります。
その中に、印刷するためのインクが入っているので、モノクロやカラーの印刷ができるのは、その部品のおかげといえるでしょう。
もちろん、利用すれば中身のインクは減っていきますので、無くなったのなら交換をしなければいけません。
もしも、交換を考えているのなら、気をつけなければいけないポイントが二つほどありますので、きちんと考えて購入しましょう。
なお、長期間使っていないと、いつの間にかインクカートリッジの中身がなくなっているという状況もあるので、定期的にチェックをお勧めします。
特に、ヘッド(印刷するときに使う部分)クリーニングにインクを消費するタイプの機種は減りが早いので注意しましょう。


 インクカードリッジを購入する場合に、気をつけなければいけない一番のポイントは、機種にあったものを用意することです。
いろいろな製品が販売されていますが、それぞれに利用できるプリンターは決まっているため、間違ったものを購入しては装着すらおこなえません。
間違ったものを買って後悔したくないのなら、インクカートリッジに記載されている型番をきちんと調べてからの購入をおすすめします。
なお、実店舗で購入をするのなら、取り外したインクカートリッジを持っていけば、スタッフに確かめてもらえるので間違えることなく購入できるでしょう。
そして、ネットショップで購入する場合は、合っているという思い込みで注文をしてしまうケースがあるので、注文の確定をする前にしっかりと確認することが大切です。


 お店でインクカートリッジを購入しに訪れたときに、値段が高いと感じてしまうことが多いのが、二つ目の問題といえるでしょう。
1万円もしないプリンターが数多く販売されている時代なのに、インクカートリッジを交換するのに5千円以上かかかってしまうこともあるため、高いと感じてしまってもあたり前です。
もしも、安価でインクカートリッジを購入したいのなら、代替品で間に合わせることも考えましょう。
代替品は純正品よりも品質は劣りますが、千円以下という圧倒的なコストパフォーマンスを誇っています。
しかも、劣るといっても、通常の印刷においては見分けがつかないでしょうから、不便に感じることはないでしょう。
写真などの高画質のものを印刷するときには純正品のほうが安心ですが、それ以外ならば、代替品の利用も考えたほうがよいです。

次の記事へ

TOPへ戻る