教えて!インクカートリッジ購入ガイド

TOP > インクカートリッジの情報 > インクカートリッジを使用頻度などで選ぶ

インクカートリッジを使用頻度などで選ぶ

 一般家庭で使われているプリンターではインクカートリッジが使われているタイプが多いです。
そして、インクカートリッジには種類があり、純正品と汎用品とリサイクル品があります。
その中で、写真など仕上がりを重視する場合には純正品を選ぶことが大切です。
純正品は印刷品質が高く日焼けなどの劣化も遅いといわれています。
そのため、長く残して置きたいという人に向いてます。
もちろん、メーカーが専用に作っているため、品質が高い分価格も高くなっています。
メーカーや色の数によって異なるもの、一本当たり1500円前後となります。
そのため、色の数が多いタイプほど色の数が増えるため、コストがかかるということになります。
とはいっても、4色や5色セットで購入することで、単品よりも割安に購入ができます。


 次に、汎用品は純正品に比べてメーカーで製造販売しているわけではなく、別の会社がそのプリンターに対応するように作っています。
そのため、純正品比べて安く購入ができます。
特に5色パックなどで購入をすることでかなり安くなり、3000円以下で購入できるものが多いです。
そのため、頻繁にプリンターを使う人や仕上がりをあまり気にしないという場合にメリットがあります。
それに加えて、インクの量が増量されていることもあり、お得に使えるものもあります。
もちろん、品質改良されているため品質も向上していますが、万が一不具合が生じた時には、メーカー保証対象外となるためその点は自己責任となります。
そして、いろいろなメーカーで販売していますが、口コミや品質管理なども確認をして選ぶことで、極力トラブルを回避することができます。


 次に、リサイクル品もあり、使用済みのインクカートリッジを洗浄し充填されて販売されています。
これのメリットは純正品と比べて若干品質が劣ることもありますが、コストパフォーマンスが高いというメリットがあります。
しかも、エコに繋がるだけでなく複雑な形状で汎用品があまりないという場合にも活用できます。
もちろん、容器が純正なのでフィットして加工などが必要ありません。
気になる部分として色合いなどがありますが、汎用品比べて高くなっています。
これによって、コストパフォーマンスと品質を両立しているため、使用頻度が高い人にメリットがあります。
価格としては、5色セットで3000円ほどで販売されています。
ちなみに、購入先としては汎用品やリサイクル品はネットのほうが多く販売されていて、価格も抑えられています。

TOPへ戻る