教えて!インクカートリッジ購入ガイド

TOP > インクカートリッジの情報 > インクカートリッジは純正と互換性がある

インクカートリッジは純正と互換性がある

 家庭用のプリンターを使うとき、大抵はインクジェットプリンターになるでしょう。
オフィスなどではトナーカートリッジを使うのに対して、家庭用ではインクタンク、インクカートリッジを使います。
トナーカートリッジはかなり大きいですが、インクカートリッジはかなり小さいです。
プリンターの機種によって異なり、一色ごとに分かれているものが主流ですが、一つのカートリッジに複数の色が入っているものもあります。
プリンターのメーカーによると、メーカー純正のものを利用するよう注意書きがされています。
メーカー純正以外のものを使って故障をしたとき、通常の保証などが受けられなくなる可能性があります。
1年以内の無償修理であったり、1年経過後の有料の修理などにも対応してもらえない可能性があるので注意が必要です。


 ただ、純正のインクカートリッジはかなり高くなります。
ワンセットを定価で買うと、数回でプリンター本体価格に達してしまうときもあります。
できるだけ安く利用したいのであれば、互換タイプのインクカートリッジの利用を考えましょう。
多くの業者が販売していて、インターネットのホームページから購入ができます。
最近は家電量販店などでも互換性の安いタイプが売られています。
パッケージが純正のものに似ているときがあるので注意が必要です。
互換性のインクカートリッジにも種類があり、どちらを選ぶかによって使い勝手が異なります。
一つはリサイクルタイプになります。
純正などで使われたインクカートリッジを洗浄などして、その業者が独自のインクを注入して販売しています。
純正の形なので、問題なくセットできるでしょう。


 その他に、互換性のインクカートリッジをパッケージから作っている業者があります。
こちらは形が若干純正とは異なりますが、一応プリンターへのセットなどは行えます。
純正と互換性の違いとして、印刷した時の結果が多少異なります。
気になる人は純正でないと困る人もいるようですが、ほとんど純正と変わらないレベルの違いなので、普通にカラーの印刷をする分には問題ありません。
写真の印刷をするとき、微妙に差が出る程度といえるでしょう。
インターネット上でも印刷結果などを示してくれていますが、パソコンの画面からだとはっきりはわかりません。
どんな印刷結果になるかは、実際に使ってみないとわからない部分もあります。
まずは信用できる業者を選び、そちらから購入して使ってみるしかありません。
口コミ情報などもチェックしておきましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る