教えて!インクカートリッジ購入ガイド

TOP > インクカートリッジの情報 > インクカートリッジの種類について

インクカートリッジの種類について

 インクカートリッジは、インクジェットプリンターで使用されるインクが入った箱状のカートリッジを指しますが、種類としては純正品やそれ以外のものがいくつかあります。
まず純正品は、プリンターの製造メーカーが提供しているインクカートリッジであり、メーカー側も推奨していますし、当然のことながらプリンターとの相性が一番良いと言えます。
そして仕上がりや品質に優れており、劣化しにくいという特徴もあるため、長期保存に向いているというメリットがあると言えるでしょう。
さらに、トラブルが発生した際なども保証期間内であれば無料修理等のサービスが受けられるというメリットがあります。
ただし純正品は値段が高くなってしまうというデメリットがあるため、大量に印刷する際など、コストを気にする場合には向かないこともあると言えるでしょう。


 次に、プリンターメーカーではない企業が提供しているインクカートリッジは「互換品」や「汎用品」と呼ばれています。
互換品のメリットは、純正品よりも値段が安いことであり、コストパフォーマンスを気にする場合に向いていると言えるでしょう。
そして純正品と比べると色味が少々異なる場合がありますが、基本的な品質は純正品と変わらないものが多いということもメリットになります。
当然、プリンターとの互換性があるため、形が多少異なる場合でも使うことが可能です。
ただし互換品は、プリンターとの相性が合わない場合もあり、誤作動を起こすこともあるため注意が必要でしょう。
そして提供している企業によっては耐光性や耐水性に違いが出る場合がありますし、純正品ではないためプリンターメーカーの保証を受けることはできないということも知っておきましょう。


 その他のインクカートリッジの種類としては、リサイクル品や詰め替えタイプのものがあります。
「リサイクル品」は、純正品をリサイクルしたものであり、プリンターメーカーでない企業が提供しているものです。
値段が安いというメリットがある他、もともと純正品なのでプリンターとの相性も良いというメリットもあります。
ただしリサイクル品は、メーカー保証が受けられませんし、リサイクルの商品なので入手しづらい場合があるというデメリットもあると言えるでしょう。
そして「詰め替えタイプ」は、使用済みの純正品に、直接インクを注入するタイプのものであり、インクを注入するための穴を自分で開けるなどの作業が必要になります。
詰め替えタイプはコストパフォーマンスがとても優れているというメリットがありますが、作業の手間がかかったりメーカー保証が受けられないというデメリットもあると言えるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る