教えて!インクカートリッジ購入ガイド

TOP > インクカートリッジの情報 > インクカートリッジの種類とそれぞれのメリットデメリット

インクカートリッジの種類とそれぞれのメリットデメリット

 家庭用のプリンターの普及で、自宅で手軽にコピーやカラープリントができるようになりました。
インクカートリッジとは、インクジェット方式のプリンターで使う液状のインクが入ったカートリッジです。
インクカートリッジにはプリンターのメーカー純正の物から、相互インクやリサイクル品や詰め替えの物など色々な種類があります。
それぞれにメリットデメリットがありますが、用途によって使い分けていくと良いでしょう。
またカートリッジには色ごとに一つずつ分かれている物もあれば、タンクタイプの大容量のもので3色が一つのタンクになっているものなどがあります。
カラープリントの時に特定の色だけを交換したい時などは、個別のカートリッジの方が節約になります。
プリンターによってカートリッジの種類が決まっているので、よく確認してから購入しましょう。


 プリンターのメーカーの純正インクカートリッジは、プリンターの規格に適したものなので相性が良く安心して使うことができます。
写真などが綺麗にプリントでき、劣化も起きにくいです。
カラープリントで品質の良いものをプリントしたい人には、純正品がおすすめです。
もしトラブルが起こった場合も保障期間中であれば無料で修理をしてくれます。
デメリットとしては、価格が高いので頻繁に使っていくとコストが結構かかってしまいます。
低コストのカートリッジでは、プリンターメーカー以外の会社で作られているものがあります。
相互インクと言うもので、プリンターとも相性は良いです。
コストパフォーマンスが良く、純正に近い品質のインクになります。
ただし、純正ではないので誤作動を起こす可能性もあり、保障の適用外です。


 コストパフォーマンスが良いインクカートリッジとしては、使用済みの純正のカートリッジをメーカー以外の会社が回収してインクを充填したものがあります。
再利用インクと呼ばれ、ごみにならずに環境にも良いです。
もう一つエコなインクとして、空になった純正のインクカートリッジにインクの詰め替えができる、詰め替え専用のインクがあります。
詰め替えるのに汚れたり手間が少々かかってしまいますが、一つのカートリッジで複数回使用できるのでコストパフォーマンスも良いです。
エコで環境のことを考えると、コスパも良くこれらの物を使うのも良いでしょう。
ただし純正ではないので、不具合が起こったり品質も劣る部分があります。
それぞれのメリットデメリットをうまく活用して、使いやすいインクカートリッジを選んでください。

次の記事へ

TOPへ戻る