現代住宅に調和するモダン仏壇の紹介をします

むかしの日本家屋には必ずと言っていいほど床の間があり、そのスペースには仏壇が置かれていました。湿気が少なく、直射日光があたらないその場所は仏壇を置くには適したスペースで、お盆や正月などの家族や親せきが集まるシーズンには、皆で先祖や祖父母に御線香をあげて手を合わせるというのは一つの行事でもありました。現代では仏壇を置かない家庭もあるようですが、現代の家屋にぴったりの洋風のモダン仏壇があります。遺影や位牌がなければまるでお洒落な家具のような仏壇です。色合いも家の内装に合わせて、無垢の素材を使用したり、明るい色合いのものにしたり、遺影がLEDライトで照らされたり、北欧の家具をイメージされるチェストタイプのものもあります。扉をあけてはじめて仏壇だというのがわかる、そんなモダン仏壇は種類も豊富です。

家族が集う場所におくモダン仏壇

仏間や床の間のない現代の住宅でモダン仏壇の種類も増えてきていますが、仏壇をどこへ置けばいいのか、置き場所に悩む人もいるでしょう。最近はリビングやダイニングなどの、家族が集まって、誰もがお参りしやすい場所に置かれることが多くなってきました。ただし、神棚と向かい合わせにしたり、神棚と縦一列になったりしないような場所で、床の間と向かい合わせにならないような場所に置く、といった少しの決め事だけを守ればどこにおいても構いません。そして直射日光に当たらないようにすればOKです。お花を供える時のために、エアコンの冷気等が直接あたらないような場所だとなおいいです。神棚と向かい合わせになってしまうと、どちらかに手を合わせる時に、いずれかにどうしてもお尻を向けてしまうことになり神棚との向かい合わせは好ましくないとされています。こういう昔からの言われは守れる部分は守りたいものです。

ヨーロッパのアンティーク家具のようなモダン仏壇

戸を閉めたまま置いてあると、まるで縦形のジュエリーボックスかのようなコンパクトでアンティークな外観のモダン仏壇があります。戸を開けると、引き出しがあり、膳引きもあり、仏壇としての機能をしっかりと果たしてくれます。こういったコンパクトなモダン仏壇の特徴として、その仏壇が箱のようになっている場合、天井についている灯りをつけると、仏壇内を明るく照らしてくれるようになっています。大きな写真でなく、普通のサイズの写真をお洒落なフレームに入れて置いておくのです。故人がその場にいるのが自然であるようなデザインです。ヨーロッパのアンティークドレッサーをイメージさせる、仏壇も同じデザインの椅子も猫脚のデザイン性の優れたモダン仏壇は、エレガントでお洒落な故人を祀ると喜ばれそうです。