モダン仏壇選ぶ重要ポイントの解説

仏壇は仏さまを祀り、故人が安らかに休むところで、仏間や床の間がある家庭はその場所に置かれています。しかし現代の住まいには仏間も床の間もない洋風の部屋が増えています。そんな現代の部屋のイメージやライフスタイルに合わせて造られたモダン仏壇には様々なタイプがあります。モダン仏壇は宗派関係なく祀ることができるので、予算や大きさデザイン、素材を考えて好きなタイプのものを選べばいいのです。まずは、置こうとする場所にあった大きさであることが前提なので、仏壇のサイズを決めます。ある程度大きさの規格があるので、希望する仏壇の幅、奥行き、高さ等を決めます。そして、部屋の雰囲気や他の家具とのコーディネートを考えて色と素材を選び、扉がついたものか、そのままオープンになっているものか等の仕様を決めて、予算とすり合わせをして決定します。

リビングで故人と共に過ごしているような気分になれるモダン仏壇

仏壇は、先祖に感謝をする窓口でもあります。お盆などで親戚一同が集まる時などに、故人も一緒に楽しい時間を過ごして欲しいという遺族の気持ちが届くよう、リビングにモダン仏壇を置いている家庭もあります。そのためにリビングにモダン仏壇を置いている家庭もあります。一見、おしゃれな細長いシェルフにしか見えないもので、御位牌や遺影が置いていなければ仏壇とはわからないようなものがあります。無垢素材で造られていて、扉はなくオープンで、位牌を上から照らすようにLEDライトがついていたり、御線香などの小物をいれる引き出しもお洒落なデザインになっていたりします。故人の好きだったものを好きなように飾ることができます。日々の生活に溶け込むようなデザインの仏壇は、故人と毎日の生活を共にしているような気持ちになります。

モダン仏壇のバリエーションとは

モダン仏壇の特徴は、故人にもそして遺族の気持ちにも寄り添うことができるといえます。わが家だけの仏壇は、故人にとっても遺族にとっても、日本古来のしきたり云々ではなく、心から祈りをささげるものになります。仏壇を床に置くスペースがないという家庭の場合、家具や台の上に置くことができる上置きタイプのものを検討してもいいでしょう。コンパクトで軽量なので簡単に置き場所の移動もできます。小さな子供がいる家庭では、壁にかけるタイプもいいでしょう。場所をとらず省スペースでおけますし、高さを調整できるのもポイントです。椅子が収納できるようになっているデスクタイプは、椅子に座って手を合わせることができるのが特徴です。遺影を入れるフォトフレームにお花等を置く小さな台がついたミニ仏壇はより身近に故人を感じられそうです。